レーダー雨量計システムの特徴
電波の直進性と、障害物に当たると返ってくる性質を利用して、雨の強さや雨域を観測するのがレーダー雨量計システムです。
●雨の状況を短時間で広範囲にわたって観測することができます。
東京を中心として、東西約190km南北約120kmの範囲の降雨情報を合成することにより降雨の状況を広い範囲で監視できます。
●雨の状況をきめ細かく捉えます。
東京アメッシュは、ほぼ全域で150mメッシュ(観測範囲外縁部の一部地域は1㎞メッシュ)で雨量を観測し、集中豪雨を見逃すことなく捉えます。
●リアルタイムに降雨の変化を表示します。
降雨の変化を短い周期で表示し、リアルタイムに降雨の移動状況を監視できます。 レーダー雨量計システム・図解